サイトポリシー

個人情報保護方針

患者様の権利

サイトマップ

お問い合わせ

 

■入院・救急に関するお問合せ

■外来診療に関するお問合せ

TEL.046(284)2121 TEL.046(284)2323
 

当院について

部門紹介

送迎バス案内

交通アクセス

採用情報

 
 

部門紹介

 

ホーム

>

部門紹介

>

検査科

 
   

 

   
 
 

看護部

> 

薬剤科

>

放射線科

>

地域連携室

>

リハビリテーション科

>

検査科

>

栄養科

>

 検査科

|

ご案内

|

検体検査

|

生化学・免疫検査

|

血液検査

|

一般検査

|

輸血検査

|

細菌検査

|

|

病理細胞診検査

|

生理機能検査

|

心電図検査

|

肺機能検査

|

超音波検査

|

血圧脈波検査

|

聴力検査

|

 ご案内

  検査科は、医師からの依頼で診断・治療に必要な検査を行っ
 ています。血液や尿等の検体検査や心電図、動脈硬化検査、そ
 の他健診、人間ドック、企業健診なども行っております。緊急
 時には院内での至急検査に対し迅速かつ正確な情報提供によっ
 て、より良い医療に貢献出来るよう努力しています。

検査科 TOP▲

 検体検査

  採取された検体(血液・尿・細胞など)を扱
 う検査で、生化学・免疫・血液・一般・輸血・
 
 細菌・病理細胞診などの検査があります。す
 べての検査を院内で行っているわけではなく
 外部委託も含まれますが、緊急時や診察前

 血など至急検査にも対応しています。
 生化学・免疫検査

  生化学検査は、血液の成分から肝機能、腎
 機能、脂質・糖代謝機能等を調べる検査です。
 
 また免疫検査では感染症、腫瘍マーカーを検
 査します。検査項目はさまざまで自動分析装
 置を用いて検査しています。

検査科 TOP▲

 血液検査

  血液中の赤血球数、白血球数、血小板数、
 ヘモグロビン量を測定し、炎症や貧血の有無
 を
調べます。血液標本からは細胞分類や異常
 細胞の検索等を行います。
 
また、凝固系検査では血液の固まりにくさや
 抗凝固薬療法のモニタリングも行います。
 一般検査

  尿中の蛋白・糖、潜血や細胞・結晶の分類
 から腎機能や尿路系の腫瘍性病変・感染の有
 無
を調べます。また、糞便中の潜血や寄生虫
 などの有無を検査します。
その他、穿刺物
 (体腔液・髄液等)の生化学的検査等を行い
 ます。

検査科 TOP▲

 輸血検査

  血液型や、輸血する血液製剤が患者様に合
 っているか検査を行います。
日本赤十字血液
 センターから納品された血液製剤を、安全に
 輸血できるようにしています。
 
患者様自身の血液を保管しておき、手術時の
 出血に備える自己血輸血も行われています。
 細菌検査

  感染症の原因となる微生物を同定し、有効
 な抗生物質の検索をします。院内感染防止対
 策のため必要な情報の提供や検査等を行って
 います。

検査科 TOP▲

 病理細胞診検査

  内視鏡や手術で採取された組織を非常に薄
 く切り染色して顕微鏡で病変の良悪性や組織
 型
の診断をします。
 また、喀痰や尿などの材料に悪性細胞の有無
 や病状の原因を推測するよ
うな細胞を見つけ
 る検査です。
 生理機能検査

  さまざまな検査機器を用いて、患者様の身
 体の機能や構造に関する情報を調べる検査で
 す。

検査科 TOP▲

 心電図検査

  心臓の電気的活動を調べ、主に不整脈や心
 筋梗塞・狭心症などの診断に役立ちます。
 通常の安静時心電図検査のほかに、運動をし
 て心電図を記録する負荷心電図検査、24時
 
間の心電図を記録するホルター心電図検査が
 あります。
 肺機能検査

  肺の大きさ、気道の異常などの呼吸機能を
 みる検査です。
 主に呼吸器系疾患の診断のために行います。
 また、手術前などに肺の状態をチェックする
 ために行われます。正確に検査するために技
 師が声をかけ誘導しますが患者様の頑張りも
 
必要となる検査です。

検査科 TOP▲

 超音波検査

  超音波を利用し臓器の状態を画像化します。
 
例えば腫瘍や石、心臓の動き具合、血管の詰
 まり具合、血流速度などをリアルタイムで測
 定することができ、苦痛を伴わず検査を行う
 ことができます。
 
当検査室では心臓・頸動脈・腹部・甲状腺・
 下肢血管の超音波検査を行っています。
 血圧脈波検査

  動脈硬化の程度や血管のしなやかさを評価
 する検査です。

検査科 TOP▲

 聴力検査

  耳の聞こえを調べる検査です。難聴は外耳から中耳までの間に原因が
 ある伝音難聴、内耳から脳までの間に原因がある感音難聴に分類され、
 伝音難聴は中耳炎など、感音難聴は先天性難聴、ウイルス感染症などが
 原因となります。
 また耳鳴検査では、オージオメータから出す音の高さと強さ、及び種

 (純音または雑音)が最も耳鳴と類似する音を検査します。
 

検査科 TOP▲

──────────────────────────────────────

|

ご案内

|

検体検査

|

生化学・免疫検査

|

血液検査

|

一般検査

|

輸血検査

|

細菌検査

|

|

病理細胞診検査

|

生理機能検査

|

心電図検査

|

肺機能検査

|

超音波検査

|

血圧脈波検査

|

聴力検査

|



.
   
 


関連施設

医療法人社団 福寿会
愛川北部病院

介護老人保健施設
コミュニティケア北部

訪問看護ステーション
ホット北部

|

ホーム

|

当院について

|

部門紹介

|

送迎バス案内

|

町内循環バス案内

|

入院のご案内

|

外来のご案内

|

診療科のご案内

|

外来診療案内

|

|

交通アクセス

|

採用情報

|

サイトポリシー

| 

個人情報保護方針

|

患者様の権利

|

サイトマップ

|

お問い合わせ

|

医療法人社団 福寿会

〒243-0301 神奈川県愛甲郡愛川町角田281-1
URL:http://www.hokubu.or.jp/

■入院・救急に関するお問合せ

■外来診療に関するお問合せ

Copyright (c) 2015 福寿会グループ. All rights Reserved.